美味しんぼ

『美味しんぼ』海原雄山は単なる暴君ではない?厳しさの裏にある優しさ

1: 名無し 2020/12/15(火) 19:10:18.41 _USER

 『美味しんぼ』の象徴的存在、海原雄山。理不尽な暴君のイメージを持つ人もいるだろう。だが、彼の厳しさの裏には、優しさと至極真っ当な論理が隠されている。

そこで今回は海原雄山が放った、厳しさに裏打ちされた正論について取り上げてみたい。

■鮎のふるさと(8巻)
怪我のため入院していた京極万太郎のお見舞いに訪れた山岡士郎と栗田ゆう子。京極は「退院したら鮎の天ぷらを食べさせてほしい」とリクエストする。

快諾する山岡だったが、そこへ海原雄山が現れ、鉢合わせとなる。そしてこの話を聞くと、「天ぷらの揚げ方もわかっとらんうえに鮎のことも知りもせん男が、鮎の天ぷらか。恥の上塗りだ」と笑う。当然激怒する山岡。困惑した京極は、「2人にご馳走してもらい味を判定する」と提案した。

対決当日、山岡は状態の良かった保津川の鮎を天ぷらにして振る舞う。京極と谷村部長はその味を絶賛し、同席した唐山陶人は「雄山のほうを食べる前に勝負が決まった」とまで言い出す。雄山は、「はたしてそうでしょうか? 私のを食べていただこう」と不敵な笑みを浮かべる。

雄山の用意した鮎を食べた陶人は「甲乙つけがたい。引き分けかな」と話す。しかし京極は目に大量の涙を浮かべており、「なんちゅうもんを食わしてくれたんや」「旨い、旨い、これに比べたら山岡さんの鮎はカスや」と断言した。

驚く山岡に雄山は「京極さん、それは四万十川の鮎ですよ」とつぶやく。京極は高知県の出身で、幼少期にこの鮎を味に慣れ親しんでいたのだ。ショックを受ける山岡に「お前は以前京極さんにイワシの丸干しを出したことがあるはずだ。それなら一体どこの川の鮎が喜ばれるかわかりそうなもの。それを小賢しい鮎の知識で忘れてしまった」と叱責する。

続けて「お前はまたも大事なことを忘れてしまったのだ。慢心以外のなにものでもない」「料理は人の心を感動させて初めて芸術たりうる」「お前の今の心がけでは、どんな料理を作ったところで、材料自慢、腕自慢の低俗な見せびらかし料理に終わるだろう。そんなお前が究極の料理なんて滑稽だ」とバッサリ斬る。山岡はこの発言に、ぐうの音も出なくなってしまった。

言葉遣いは厳しいが、京極の好みを忘れた山岡の慢心をバッサリと斬った雄山の発言は、まさに正論。そしてそれは、息子への叱咤激励にも思えた。

■結婚披露宴(47巻)
栗田ゆう子の尽力で山岡と栗田の結婚式は近城勇・二木まり子と合同となり、「究極対至高」の対決に。雄山は近城側として出席することになる。

雄山が「至高のメニューのなかの至高」と称して出したのが、ご飯・味噌汁・焼き魚・大根の煮物・豆腐といった、ありふれた惣菜料理。拍子抜けする参列者だが、食べてみるとそれは全て最高の素材を使ったもので、一様にその味に驚く。

そして雄山は「今日この惣菜料理を選んだのは、このみすぼらしさにある。このみすぼらしさこそ、私が二人(近城・二木)に贈りたいものなのだ」と説明する。続けて、この料理が貧乏のどん底で苦しみ、芸術家としても上手く行かなかった頃、妻が最良の素材を足でかき集め、作ってもらったものと同じなのだと明かす。

雄山は「高価な貴重なものの味を漁るのが美味の追求だと思っていたが、そうではなかったのだ。大事なのは感動だ。至高の口福による感動なのだ」とし、「私はこのみすぼらしさを贈りたいのだ。その中に真の豊かさを包んだみすぼらしさを」と説いた。

至高の料理は高額な材料ではなく、最高の素材を使った心の料理。この論理に共感した読者は、かなり多かったのではないだろうか。そして47巻で初めて明かされた雄山と妻の真実の関係性は感動的であった。

2: 名無し 2020/12/15(火) 19:10:27.80 _USER

■低予算披露宴対決(62巻)
「全国テレビ」の滝遼子というキャスターが、究極対至高の対決を行う東西新聞・帝都新聞の幹部に対し『究極のメニュー』と『至高のメニュー』は「現在の日本社会の腐敗と堕落の象徴」「財政が厳しいなかで、贅沢なグルメごっこをして一体どうなるんです」とこき下ろす。さらに週刊タイムについても「食べ物という神聖なものをおもちゃにしている」と断罪した。

栗田の尽力で、中松・大石両警部と快楽亭ブラックの3組の結婚披露宴を対決の場となり、反論することになった雄山。結婚式当日、滝から「至高のメニューのお手並みを拝見させていただきます」と声をかけられる。

すると雄山は「ニュースキャスターか何か知らんが、最低の礼儀もわきまえておらんのか」「仮にもこういう宴に招かれたんだ。まず、三組の男女の新しい門出を祝う気持ちを持つのが人間というものだろう。私もそのつもりで料理を用意した。それを小賢しくもお手並み拝見とは浅ましい」「人の道を学び直すことだ」と一刀両断した。

滝は雄山の指摘に苦虫を噛み潰すしかなくなってしまう。まさに「正論」だった。

■雄山の危機(72巻)
交通事故で意識を失い、生死の境を彷徨う雄山。栗田に連れられ病室に入った山岡が去り際に放った「おやじ…」の一言で、奇跡的に目を覚ます。

『美味しんぼ』(72巻)

その日、美食倶楽部でアジアの首脳が日本の政治家に招かれ宴会をすることになっており、雄山は「こうしてはおられぬ、チヨ支度せい。仕事に戻る」と点滴を自ら外す。医師は「とんでもない絶対安静です」と警告した。

世話役のおチヨは、雄山の代わりに山岡が美食倶楽部の指揮を執っていることから、「士郎さんを信じてあげてください」と止めるが、雄山は「奴がマトンを扱うわけがない」とお構いなし。

和服に着替えて立ち上がると、医師は「全く無茶過ぎる。私は責任取れませんぞ」と止めるが、「私の身体だ。私が責任を取る」と却下。栗田は「どうしてそんな無理をなさるんですか。アジアの首脳陣をお招きする大事な宴会であることはわかっていますが、それでもご自分のお体のほうが大事でしょう? 命にかかわるんですよ」と強烈に止める。

雄山は「客の社会的地位など関係ない。美食倶楽部で客をもてなすのはその客が誰であろうと、私にとって真剣勝負なのだ。命に関わらない真剣勝負はない」と叫ぶ。この迫力に、栗田とおチヨは止めることを諦め、無理を承知で美食倶楽部に雄山を運ぶのだった。

客の社会的地位を顧みず、相手をもてなす姿勢。そして、常に真剣に仕事に取り組む。そんな雄山に、感動する読者も多かったのではないだろうか。

■雄山人気の秘密は…
「海原雄山」と聞くと、暴君でパワーハラスメントを厭わない人物というイメージを持つかもしれない。しかしそれは誤解で、実は優しさに溢れるとともに、仕事に取り組む、熱い男なのである。そしてそれが、雄山に心酔する読者が多数存在する秘密なのだろう。

https://realsound.jp/book/2020/12/post-673677.html

 

4: 名無し 2020/12/15(火) 19:23:19.68
雄山嫌いだったが、この話で好きになったわ

 

5: 名無し 2020/12/15(火) 19:26:43.60
披露宴絡みだったかな? 美味いものを食べるには金を掛けるか手間を掛けるかだ、の台詞は気に入った。

 

8: 名無し 2020/12/15(火) 19:42:17.35

ハンバーガーで手が汚れたと言って怒る老害

キムタクに喰い方を習え

 

16: 名無し 2020/12/15(火) 20:58:25.34

>>8
いや

モス的なのは絶対に汚れる

 

9: 名無し 2020/12/15(火) 19:43:21.21
巻が進むにつれてお説教臭くなって面白くなくなってきたので途中でやめた。

 

21: 名無し 2020/12/15(火) 21:41:09.48
>>9
同意

 

10: 名無し 2020/12/15(火) 19:48:35.31
初期雄山の傍若無人ぶりと初期士郎のやさぐれが好きだったのに、
クリ子がすべてをぶち壊した。

 

13: 名無し 2020/12/15(火) 20:32:20.02

バカどもに車を与えるな!

これが一番好き

 

14: 名無し 2020/12/15(火) 20:40:38.65
>>13
飯〇の首絞め上げながら言ってほしい

 

17: 名無し 2020/12/15(火) 20:59:37.97

>>14
フレンチに遅れそうでも、交通ルールは守らんとな。

だが、美味しんぼも、空港に届いた食材を間に合わせる為に、高速道路を猛スピードで爆走してた気がするが。

 

22: 名無し 2020/12/15(火) 21:50:32.02
鶏が初めて産んだ卵のくだりは感心したが、
茶漬けで箸先が1センチしか濡れないとか
そんな飯が不味くなるような食い方ができるか

 

23: 名無し 2020/12/15(火) 21:50:48.26
連載初期の雄山は傍若無人が高級和服着た冷血ジジイだった
連載初期の山岡は怠惰がボロスーツ着た捻くれの屑だった
連載が進むにつれ2人のキャラもストーリーも毒がなくなって読む気失せた
サヨ的な毒はどんどん増量されたけどな

 

24: 名無し 2020/12/15(火) 21:54:58.77
作者の主張でしかない

 

27: 名無し 2020/12/16(水) 02:21:06.26
最初は明らかに暴君だったけどな
途中から路線変更しただけ

 

7: 名無し 2020/12/15(火) 19:37:02.24
1巻での雄山を評価してもらおうか。

-美味しんぼ

© 2021 ボントロちゃんねる Powered by AFFINGER5